タールを摂取せずにニコチンだけを楽しめる

ニコチンリキッドはタールが含まれない

電子タバコのリキッドには普通の葉巻のタバコと同じように、ニコチンが含まれているニコチンリキッドがあります。ニコチンなしでは物足りないけど、身体への害が少ない方がいいという人にはニコチンリキッドがおすすめです。紙巻のタバコにはタールという有害物質が含まれています。タールはヤニであり、紙巻のタバコを吸い続けていると歯が茶色く着色されてしまうのです。それだけではなく、肺にもタールが溜まっていき、肺がんの原因となっています。 ニコチンリキッドにはニコチンが含まれていますが、タールは含まれていません。そのため、紙巻のタバコよりも安全にニコチンを楽しむことができるのです。ニコチンも有害ですが、いきなりニコチンなしのタバコに切り替えるのは難しいという方は、ニコチンリキッドのタバコを利用するといいでしょう。

ニコチンリキッドのメリット

ニコチンリキッドにはタールが含まれていないだけではなく、含まれているニコチンの量も通常の葉巻のタバコよりも少なくなっています。その点でも、紙巻のタバコよりも健康的だといえるでしょう。よくあるメンソレータムのフレーバーだけでなく、いろいろなフレーバーを楽しめるのもメリットの一つです。それに煙があまりでないので、周囲の人に対して害のある煙をたくさん吸わせなくても済みます。自分だけでなく、他人の健康被害も少なくできるのです。ただし、まったく害がないというわけではないので、きちんと喫煙所で吸ったり、妊婦の前では控えるなどの喫煙マナーは守って下さい。 自分でリキッドを作成するので、好みに合わせてニコチンの量を調整できるのもメリットの一つです。ニコチンの量を減らすことで、タバコを吸っている満足感はあるけれど、禁煙にも取り組めるのです。