紙のタバコより害は少ないけど害がゼロではない

紙のタバコよりは害が少ない

ニコチンリキッドは、日本の会社が作っているわけではなく海外の会社が作っている製品になります。これらは、国内で手に入れることが難しいため個人輸入で手に入れるのが基本です。これを手に入れることにより、たばこを吸わずにニコチンを体内に入れることが可能になります。近年では、たばこの煙による副流煙などの問題が盛んに議論されており、道を歩くときにもタバコを吸うことが難しい状態です。ですが、ニコチンリキッドを利用すればたばこを吸わずにニコチンを体内に入れることができ、たばこを吸わない時に起こりがちな禁断症状を抑えることが可能になります。そして何より、煙を吸うことがないため、紙のタバコに比べると害が少ないのが特徴です。

どのようなデメリットが考えられるか

ニコチンリキッドを吸うことで、たばこよりも周りに迷惑をかける可能性は少ないですが、吸っている本人にデメリットがない訳ではありません。具体的に述べれば、ニコチンリキッドの中にはグリセリンやプロレングリコールなどとよばれている化学溶剤が含まれており、これらが肺の奥の方に吸い込まれることになります。これらの物質を加熱することにより、発がん性を含む物質が発生します。それと同時に、ニコチンリキッドの本体である金属は利用時に加熱をしますが、この時にエアロゾルと呼ばれる有害物質も同時に体内に吸い込んでしまうことになるでしょう。これらを吸い込むことにより、肺の細胞を破壊するだけでなく遺伝子の修復が難しくなります。ただ、ニコチンリキッドに害があるといってもたくさんの量を吸わなければそこまで問題がないといえます。