ニコチン入りのタバコだけど周囲の人への害が少ない

ニコチンについての情報

ニコチンとはアルカロイドの一種であり、有毒の物質とされています。中核神経のドーパミンの神経系を活性化される効果あり、そのため摂取後には軽い興奮状態や覚醒作用が得られる物質です。また、急激にニコチンを摂取すると血中濃度が上昇し、依存性が形成されます。

また、ニコチンは依存性を高めるだけではなく、血管の収縮、血圧の上昇、心臓への負担などの危険性もあります。しかし、一方でニコチンは依存性はあるものの、コーヒーに含まれるカフェインと同程度と言われるほど無害ともされています。ニコチンをめぐる議論には様々な見解がされていますが、アドレナリンの分泌作用を向上させる効果から、集中力を高める事もメリットの1つです。

ニコチン入りリキッドのメリット

基本的に電子タバコにニコチンは入っていませんが、ニコチン入りのリキッドを電子タバコに加える事で、ニコチン入りの電子タバコを吸うことができます。ニコチンリキッドを使用した電子タバコは、ニコチンの量を調整する事が可能です。つまり、ニコチンの量を少なくする事で周囲への害が少なく、禁煙の効果にも期待ができます。また、電子タバコは、紙巻きタバコのような悪臭がありません。フレーバーなど様々な香りを楽しめるのも魅力の1つです。

しかし、日本では薬事法により販売を行っていないため、ニコチン入りのリキッドを吸う際には個人で輸入する必要があります。ニコチン入りのリキッドにはタバコ特有のデメリットなどを最小限に抑えている事も特徴の1つです。