日本では生産していないので手に入りにくい

日本の法律ではニコチンは毒物として扱われている

電子タバコの添加材の一種であるニコチンリキッドは紙巻きタバコとほとんど変わらない風味を楽しめるため、多くの国で愛用されています。しかし日本ではニコチンリキッドの製造や販売は一切行われていません。ニコチンは日本の法律で毒物と定義されています。そのため、製造や販売だけではなく、所持にも厳しい制限が設けられているのです。市販の紙巻きタバコにもニコチンは含まれていますが微量なので法律には抵触しません。しかしニコチンリキッドはタバコの葉から抽出された、純度の高いニコチンが使われています。そのため、法律における毒物の一種と見なされてしまうのです。日本でニコチンリキッドを手に入れるには個人輸入が唯一の方法になります。

個人輸入によるニコチンリキッドの入手方法と注意点

日本でニコチンリキッドを入手するために行う個人輸入は通信販売と似ていますが、外国に拠点を置く業者や販売店から直接購入するのが特徴です。購入手続きの方法は業者によって異なる他、販売価格にも違いがあります。一般的にニコチンの濃度が高い製品ほど高額になりますが、同時に刺激も強くなるので購入の際は好みに合わせて慎重に選ぶことが重要です。また、日本の法律では個人輸入で購入できる量にも制限が設けられています。一回につき120mlまでと決まっていますが、これは個人が一か月で使用する適量と算出された数値です。120mlを超えるニコチンリキッドを購入しても税関でストップがかかるので注意しなければいけません。

また、一か月以内に複数回購入するのも販売目的と思われるので避けるのが無難です。