使用や保管に注意しなくてはいけない

ニコチンは無味無臭です

電子タバコでニコチンリキッドを使用した後に適切に保管する必要があります。ニコチンの特徴として、無味無臭ですし劇薬に該当してくるので、取扱いに注意が必要です。子供が居る様な環境であれば、子供の手に絶対に届かない位置に置いておく事が大切ですし、大人でも間違えて誤飲してしまう可能性がありますから、ニコチンリキッドである事を誰でも分かる様に、容器に注意喚起を書いた方がいいです。 ニコチンは劇薬ですから、正しい使用方法で吸わなければ、非常に危険です。紙タバコの場合は、火をつけて吸うだけですが、電子タバコ等はニコチンリキッドを充填させる必要があるので、それぞれの商品に合った方法で適切に行う事が安全の為にも重要です。

ニコチンリキッドは劣化します

ニコチンリキッドを保存している時に元の色から変色してしまう事がありますが、暖かい場所や直射日光が当たる場所等でニコチンリキッドを保管していると、リキッド自体が劣化してしまうリスクがあります。基本的にニコチンリキッドは開封してから、3カ月から6ヵ月程度で使い切る事が目安になっているので、それ以上保管したニコチンリキッドを使用するのは、リスクがあります。 ニコチンリキッドの変色は酸化が原因の可能性が高いので、直射日光が当たらずに低温の暗い場所で保管した方がいいです。この条件を満たして子供をニコチンの危険から守るには、金庫の様な保管場所が最適になってきます。更に冷蔵庫も子供等が手に届かない位置に置けるのであれば、ニコチンの鮮度を保つ事ができるので、便利な保管場所です。